うつ病と人間関係は切っても切り離せない関係!?

なぜ人間関係が大きく関係するのか

うつ病は仕事を通して発症するケースが多く、医師からは治療の一環として休職を勧められるケースがよくあります。うつ病の原因には疲労やストレスがありますが、特にストレスは心の病の引き金になりやすいです。うつ病が原因で医療機関で治療を受けている人は、人間関係に悩んでいるケースが目立ちます。人間関係のストレスはさまざまなストレスのなかでも、1~2位を争うほど大きいと言われているのです。

仕事を続けながらうつ病治療をしてもなかなか改善しませんが、これはストレスの元凶を断つことが難しいからです。薬物療法で精神を安定させる方法はうつ病治療の王道ですが、それ以上のストレスを生み出している状況があれば、むしろ症状は悪化していく可能性があります。

ストレス耐性を上げることが大切

同じ環境で仕事をしているのに、うつ病になる人・ならない人に分かれます。その原因としてストレス耐性があり、ストレスを感じにくい人、ストレス解消がうまい人などはうつ病を発症しにくいです。人生では多くの人が人間関係の悩みを抱えており、これをゼロにすることは困難でしょう。そのためストレス耐性やコミュニケーション能力などが重要になってくるのです。

コミュニケーション能力を高めれば、人間関係が良好になってストレスの種は減るでしょう。人間関係が悪化する原因は相手だけでなく、もしかしたら自分にもあるのかもしれません。自分自身を客観的に見つめ直すことで、人間関係を好転させる対策が見えてくることがあります。相手を変えることは難しいですが、自分を変えることは自分が意識すればできることです。